トップページへ戻る

TEL:03-6908-7180
受講・受験される方
一般・発注者の方
サーモグラファー資格
協会について
よくあるご質問
赤外線劣化診断とは?
お問い合わせ
資料ダウンロード
プライバシーポリシー
サイトマップ
閉じる

赤外線劣化診断とは?なぜ不良個所が分かる?

HOME > 赤外線劣化診断とは? > なぜ不良個所が分かる?

赤外線法で、なぜ建物の不良箇所が分かるの?

建物のタイル外壁を調査することを想定してみましょう。タイルの表面は外部からの熱(主に太陽光)のよって暖められ、その熱を鉄筋コンクリート壁に伝えます。このとき、外壁のコンクリート部に剥離があれば、その隙間にできる空気層が熱移動を遮るため、外部から熱の授受があると、健全部より剥離部のほうが表面温度の変動が大きく、高温になります。
この特性を活かし、赤外線カメラにより表面温度を映像として捉え、危険箇所を探し出します。

赤外線カメラにより表面温度を映像として捉え、危険箇所を探し出します。

健全部と血管部の表面温度変化モデル

健全部と血管部の表面温度変化モデル

様々なコンクリート構造物の不良箇所測定に応用

この赤外線法による劣化診断は、様々なコンクリート構造物の不良箇所測定に応用できます。

様々なコンクリート構造物の不良箇所測定に応用

一般社団法人日本赤外線劣化診断技術普及協会(JAIRA)とは

我が国唯一の土木・建築構造物に特化した赤外線法劣化診断技術者の養成機関であり、1.赤外線診断資格の規格化、2.赤外線法劣化診断技術に関する調査研究、3.赤外線法劣化診断技術者育成制度と登録制度、4.赤外線劣化診断事業に関するアドバイス、5.赤外線法普及に関するイベントへの参加、6.赤外線診断セミナー等の開催を事業の中心として活動しています。

特に、赤外線劣化診断技術者として、JAIRA赤外線サーモグラファーステップ1、ステップ2の資格育成プログラムを有しており、全国に技術者を配置し、診断技術の底上げを図っています。

当協会は、これらの活動を通じて、赤外線法劣化診断技術の普及と診断事業の拡大を図り、社会へ安全と安心を提供いたします。

JAIRA

一般社団法人日本赤外線劣化診断技術普及協会

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-2-14
天翔高田馬場ビル404 [ MAP ]
TEL 03-6908-7180 / Fax 03-6908-7183
お問い合わせ担当:小原・吉原